Web制作のアレコレ

PHPの基本

PHPとは?

PHPはHTMLに埋め込む形で記述できるスクリプト(プログラミング)言語で、Web開発でよく使用されます。
PHPを使うと、一つのページ(ファイル)で必要な情報を反映させた色々なページを制作することができます。

よく利用されるPHPの機能として

HTMLを生成する

PHPはHTMLを生成することができます。

データベースと連携する

データベースとは情報を収納する入れ物のようなもので、よくあるブログやニュースなどは一度データベースに保存した記事などの情報を読み込んで出力する仕組みで構築されています。

ブラウザから送られてきたデータを受け取る

フォームタグを使って作られた入力フォームから送信されたデータは、PHPを使うことで受け取ることができます。
この機能の代表的なものにメールフォームやアンケート機能などが当てはまります。

似たような言語にJavaScript(jQuery)がありますが、実行される場所が違います。

JavaScript(jQuery)はブラウザで実行される(クライアントサイド)

クライアントサイドはサイトを利用しているユーザーのブラウザ
コードをブラウザで受け取って処理をするので、知識があれば誰でもコードを見ることができる

PHPはサーバー上で実行される(サーバーサイド)

サーバーサイドはWebサーバの内部
PHPはサーバーの内部で処理をして、結果のみをブラウザに渡すので、どのようなコードを書いてあるか他人に見られることはありません。

ローカルサーバー構築

上記説明の通り
PHPを使うためにはWebサーバが必要になってきます。
他人に見られてしまう環境で開発しているといろいろ問題が出てくるので、開発時ははローカル環境で作業をすることがほとんどです。
ローカル環境で開発するためにローカルサーバーを作って環境を構築します。

ローカルサーバーを利用するためのソフトウェアとして人気なものは「xampp」になります。
xamppの中には

Apache Webサーバ
MySQL データベース
PHP PHPを開発する環境
Perl Perlという言語を開発する環境

が含まれているので一つのソフトで様々な言語の開発環境を構築できます。

PHPの書き方

PHPとして扱うファイルの拡張子に「.php」をつけるとコンピュータがPHPファイルとして認識してくれます。
例)index.php
PHPファイルの中はHTMLのタグを使用することができます。
イメージとしては、PHPという追加機能が付いたHTMLのような感じ

実際にPHPを記述するときはPHPファイルの中にPHPの開始タグ「」を埋め込み、このタグの中に処理を記述していきます。
この時、開始タグと閉じタグは一行に書いても大丈夫ですし、複数行にすることも可能です。
PHPの処理の末尾にはセミコロンを付けることがルールになっています。
条件によっては省略することもできますが、基本的に付けるようにします。

PHP


//一行で書く場合
<?php PHPの処理;?>

//複数行に分けて書く場合
<?php
PHPの処理①;
PHPの処理②;
?>

コメント機能も使えて、JSと同じように一行だけなら「//」複数行なら/*~*/で囲む形で使います。
ほかの言語とは違い、PHPのコメントはユーザーからは見えません